<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2012.12.15 Saturday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  •  - category(-)
  •  - -
  •  - -
  •  - スポンサードリンク

2012.02.07 Tuesday

平沢進ブーム、きてるのである!





平沢進を知ったのは、パプリカという映画を見てからなのである。
白虎野の娘という曲が最後に流れるのだが、これがとてもいい曲なのである。
最初はその曲しか知らなかったのだが、
平沢進フリークの友達からCDを借りて、どっぷりとはまることになるのである。


その友達はほとんど音楽を聴かないのだが、唯一聴いているアーティストがひとり
それが平沢進だというので、かなり驚いたのである。
彼からCDを借りて、私はようやく平沢進の音楽をちゃんと聴くことができたのである。


近未来的なテクノサウンドと、民族音楽のような独特なメロディーと歌詞
不思議な世界観、景色がどぅーわぁーと広がる音楽、とても心地いいのである!


それから、平沢進が過去に在籍していたテクノポップバンド・P-MODEL
これのCDも一緒に借りたのだが、これがまたソロと違ってさらに不思議なのである。
乱暴なピコピコサウンド、とてもかっこいいのである!
2D OR NOT 2Dという曲はぜひ聴いていただきたいのである。





以上、ここ最近かなり聴きまくっているアーティスト・平沢進なのであった。
おしまいなのである!

2011.11.21 Monday

思い出のポップンミュージック。





僕は「音ゲー」が絶望的に苦手です

リズム感が無いわけではないんですよ、むしろあると思ってるんですけどね

ただただ、音ゲーが苦手なんです

ゲームセンターに行くといろんな音ゲーが並んでますが

必ず赤っ恥をかくので、なるべくやりません


しかし、ポップンミュージックというアーケードゲームには思い入れがあります

僕が小さかった頃に姉がドはまりしていて

しょっちゅうゲームセンターに連れて行かれ、横で延々とプレイを見せられたりしていました

ずっと見ているだけの状態はまぁ〜つまらなかったですが

流れていた音楽、登場するキャラクター

今思い出すととても懐かしくて素敵です

とくに、新谷さなえさんの翔べない天使という曲

センチメンタル、ノスタルジック、アンド、モア……


こうやって思い出してみると、いろんな音楽を聴いていたんだなーと、思ったわ

思ったわよ

おしまい


せひ、ポップンミュージックやってみてください(やったことないのに

2011.10.05 Wednesday

多幸感に満ち溢れるような音楽を。





フレーミングリップスのライブ映像を見て思ったこと


これまで人生で、幸せを痛感して涙を流したことって、あったっけ


たぶんまだない気がする


でもこの先、あったらいいなと思う


いつか幸せを痛感して、涙を流してみたいなあ


なーんてそんなことを思わせてくれるような音楽って、素敵じゃないですか?


多幸感に満ち溢れている音楽には、生きる希望が詰まっていると思います


そういう音楽を聴いていきたいです
続きを読む >>

2011.08.15 Monday

ブログのトップに広告の記事が出始めたら「そろそろ更新しろ」の合図。

わたくし、しょっちゅう言ってることではありますが、

あと10年くらい早く生まれてたかったわはぁん。あぁん。



ロックンロールが大好きでして、好きなバンドがたくさんあるんですが、

すでに解散してしまっているバンドが多い。

解散してしまっているということは、それらのバンドのライブを生で見るということが不可能なわけです。

これがなかなかつらい。

あと10年くらい早く生まれていれば、僕が好きなバンド、解散してしまう前の姿を見れるわけです。

それは例えば、


ミッシェルガンエレファント ブランキージェットシティー ナンバーガール

ジュディマリ ゆらゆら帝国 ハイスタンダード ハイロウズ スーパーカー


とにかく、いろいろ、あります。

YouTubeなんかで昔のライブ映像を見ていると、ムキーッてなります。ライブ行きたかったーて。



現在活動しているバンドも、見れるうちに見ておきたいです。

かみさまかみさま、

金と時間、そして一緒にライブに行けるちょうどいい友人を、お願いします。

はい、がんばります。







続きを読む >>

2011.05.12 Thursday

ゴッチが教えてくれた音楽、いーっぱい。

ASIAN KUNG-FU GENERATIONのボーカル・後藤正文(ゴッチ)

僕は小学校から中学校にかけてこの人をかなり崇めておりまして

異常なまでにこの人のことを追いかけていました

アジカンがパーソナリティをつとめるラジオは毎回録音したりして

その中でゴッチが「このバンドに影響を受けた」といって流す音楽は必ずチェックしていました


アジカンが一番!だった僕ですが

だんだんとアジカンの他にもいろいろなバンドを聴くようになっていきます

今思うと、いつかゴッチがラジオで流したバンドが多いような

例えば、オアシスだったり、ウィーザーだったり、イースタンユースだったり

その中でもイースタンユースとの出会いは強烈でした


中学校あたりで僕はだんだんと洋楽をたくさん聴くようになるのですが

ゴッチがラジオで流した、イースタンユースの沸点36℃という曲を聴いて

僕は邦ロックの底知れない、何というか、すごさを感じました

それから僕はどちらかというと日本のバンドをたくさん聴くようになった気がします


ゴッチのルーツが、僕のルーツになっているんですよ!ぬっはっはっは



続きを読む >>

ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
COMMENT
TRACKBACK
RECOMMEND
FEED


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.